トップページ

会社案内

災害保険申請お手伝い

施工実績

お問合せ・アクセス

スタッフブログ 近日公開

災害保険申請のお手伝い
火災保険に関する豆知識と災害保険申請の流れ・必要なものをご確認ください。

火災保険豆知識

【 意外と知られていないのが、雨漏りは火災保険で直せる 】
火災保険側では、風災という枠に当てはまり、
雨漏りの原因が風災(台風・強風・大雨・雹などの自然災害)と認定されると、
火災保険会社から適正な保険料がもらえることで
費用の負担が少ない、もしくは無料で修理工事ができるようになります。
全ての雨漏りが火災保険の保険料を受け取れるかは、
きちんと風災として認定されなければいけないため、どんなものが火災保険として適用できるのか見極めます。
火災保険は、非常に補償範囲が広いもので、風災補償などの特約を付けている場合であれば、
台風や突風などの強風による屋根被害や、豪雪地方での雪による住宅被害も補償してくれる非常に心強い保険なのです。

保険料を受け取るには
●風災として認定されること
●雨漏り修理が必要になった時点から3年以内に申請が必要
●火災保険は雨漏りの修理額によって受け取り可否が決まってくる
●代理ではなくあなた自身で申請する。(申請のお手伝いは、トーケンにお任せください
以上のように、事前に様々な申請や条件が必要となります。

雨漏りは水災と思うかもしれませんが、水災とは洪水・高潮・土砂崩れなどの自然災害を指します。
雨漏りは、水災でないので気を付けましょう。

◎台風等で雨漏れした屋根の修理、雨漏れによって損害をもたらした内装修理
◎突風で吹き飛んだカーポート屋根
◎風でゆがんだ門扉等
◎台風等の風で外壁材がはがれた等有りましたら修理いたします。

《雨漏り修理業者選択には》
火災保険を適用した雨漏り修理の経験がある。
雨漏り修理の難しさをきちんと把握している。
雨漏りの原因特定ができる。
雨漏り修理の経験が豊富にある。
雨漏り修理の適切な技術がある。
これらを持ち合わせているトーケンにお任せください!!

災害保険申請の流れ・必要なもの

➀修理費用見積もりの作成および写真台帳の作成 株式会社トーケンにお任せください!!

写真台帳は一般のお客様が作成するのは困難なため、当社がお手伝いします。
②保険会社へ連絡 お客様よりご連絡お願いします。
詳しい状況を説明できるようにしておきましょう。
➂保険会社からの案内 お客様へ必要書類が送られてきますので記入しましょう。
④保険会社による現場調査 経年劣化による被害では保険金は支払われません。

自然災害を起因とした被害に支払われます。日程を調整し、お客様立ち合いで行われます。
⑤保険金の確定 お客様へ保険会社から保険金支払いの内容について連絡が入ります。
⑥雨漏り修理工事 金額を見て、修理工事を行うか決めます。